日々の生活の中でWeb管理者が思いつくままにツイートしております。

2017年5月

日々の生活の中でWeb管理者が思いつくままにツイートしております。
探偵・興信所・調査業界に止まらず広い範囲で、ご意見・ご質問等ございましたらご遠慮なくお知らせ下さい。

※画像はイメージです

  • 2017-05-29

    日朝合意から3年

    今日29日で3年を迎えた日朝の日本人拉致被害者らの再調査に関する合意が、実質的には既に効力を失ってしまっていますが、ここにきて北朝鮮側が「日朝合意は既になくなった」と主張する一方、日本から要望があれば、人道的問題として取り組む用意があるとも話しています。脱北した元工作員によると「死亡したとする拉致被害者を帰国させる意思は当初からなかった」とも話しています。

  • 2017-05-26

    生理休暇

    昭和22年に制定された労働基準法では、女性の生理休暇取得が定められていますが、厚生労働省の調べでは生理休暇の取得率が現在は0.9%であることが分かりました。昭和40年は26.2%でしたが、男女平等を求めた男女雇用機会均等法の流れもあり、徐々に取得率は低下し、さらに女性の残業制限などの規定が廃止されたことなども影響しているとみられています。

  • 2017-05-22

    千葉の通り魔 逮捕

    昨日、松戸市で起きた通り魔事件で、千葉県警松戸東署は近所に住んでいる無職の34歳男を逮捕しました。男の容疑は金ケ作公園の近くで包丁を振り回し70代男性に怪我をさせたものです。さらに男は公園内の野球場にも入り、バットで数人に怪我をさせたとみられています。

  • 2017-05-18

    女子高校生 遺体をかばんに

    昨日、名古屋市の高校二年生の女子生徒が、赤ん坊の遺体を鞄に入れていたところを死体遺棄の容疑で逮捕されました。女子生徒は5月10日頃に自宅で出産し赤ん坊の遺体を遺棄した容疑をもたれています。警察の調べにたいして容疑を認めているようですが、赤ん坊の死亡についても調べることになります。

  • 2017-05-15

    高3年男子 女子高生殺害

    5月4日、台東区のマンションで火災があり、17歳の女子高生が死亡しました。昨日、警視庁は同じ高校に通う男子生徒18歳を殺害容疑で逮捕しました。男子生徒が火災の通報をしたことから、調べに対して殺害の容疑を認めているとのことです。二人は交際していたとみられています。

  • 2017-05-11

    ネット求人悪用 特殊詐欺

    インターネットの求人サイトに掲載されたアルバイト募集を装って、実際に応募した学生などにバイク便等のアルバイトと偽って、本人が知らずに詐欺グループの「請け子」をやらされていたというケースが増えているそうです。学生は電話で指示された場所に行き、お年寄りから紙袋を受け取ったところを捜査員に逮捕されました。お年よりは詐欺話を信じてしまい、1600万円を要求されていたようです。

  • 2017-05-08

    自殺者遺族に高額請求

    精神疾患がある息子が去年の6月に共同住宅に入居、父親は賃貸契約の連帯保証人になっており、その後、息子は薬物により部屋の中で自殺しているのが見つかりました。住宅所有者から遺族に見積もりが届き、その内訳は評価額減損失、現状回復費、空室経済的損失、御祓い費用で724万円と記されていたそうです。不動産業者によると、自殺すると事故物件となり、借り手がつかず家賃を下げざるを得ないので、所有者にとっては大きな損失となると話しています。

  • 2017-05-05

    名大寮で爆発

    昨日、名古屋大学の学生寮3階で爆発があり、寮に住む学生らから消防に通報がありました。3階の一室が全焼し一人の遺体が見つかっていますが、この部屋に住んでいた20歳の男子学生と見られています。爆発の前に男子学生の両親が寮を訪れてロビーで面会していましたが、学生がいったん部屋に戻った後、爆発音が聞こえたとのことです。

  • 2017-05-01

    仙台市 市立中学生自殺

    4月26日、仙台市で市立中学校の男子生徒が自宅近くのマンションから飛び降りて自殺しました。遺族は入学当初から、同級生による嫌がらせに悩んでおり、トラブルが解消したことは無かったと話していますが、学校側はトラブルはその都度指導して解消しており、いじめとは判断していないと述べています。この2年7ヶ月で仙台市内の中学生3人が自殺しており、既に2人はいじめが自殺の一因であったと市教育委員会の第三者委が結論付けています。

会員一覧と地域別のご紹介はコチラから

一般社団法人東京都調査業協会では、消費者の皆様から調査に関するご相談、ご依頼を承る
『消費者調査サポートセンター』を設置しております。この『消費者サポートセンター』では、
当協会において一定の基準を満たした優良な会員がご相談を担当させて頂いております。
フリーダイヤル及び無料相談コーナーの無料サポートをご利用下さい。

一般社団法人 東京都調査業協会では、当協会において一定の基準を満たした優良な会員が対応させて頂いております。消費者の皆様からの調査やご依頼に関するご相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

相談窓口の詳細やメールフォームはコチラから

一般社団法人日本調査業協会とは、主務官庁を警察庁とする社団法人です。東京都調査業協会をはじめ全国22ヶ所の単位協会が整備され、約300社余りの探偵・興信所の会員を擁する最大の業界団体であります。探偵業界のリーダーとして常に業界の健全化に努めてます。

協会のご案内
正しい探偵社の選び方
メールの無料相談はコチラ
Short Message