定期的に追加、更新しておりますのでお時間の許す限りご覧下さい。

    2018-02-26

    浮気調査の相談を受ける中で「料金は幾ら必要ですか」と聞かれる相談者が多くいます。確かに調査を依頼したことがない人には想像もつかないし、提示された料金が適正価格であるか判断基準もない人が多いはずです。

     

    調査は往々にして『何をどこまで知りたいのか』で調査料金が決定するので「相場」はあっても基準になるような「適正価格」は存在しないと云っても過言ではありません。

     

     

    浮気調査の場合、配偶者と異性の接触、不貞行為を確認出来れば調査としては完了となります。しかし、相手側の「氏名や住所など身元調査を知りたい。」や同僚の可能性もあるので「仕事場も知りたい。」となれば其々が追加調査となります。

    調査は全てオーダーメイドですから決して安価ではありません。アレもコレもと調べるとますます高価になってしまいます。

     

     

    「調査の後」を見据え調査の後にどうするのか、どうしたいのかを考えて、好奇心を満たすだけの調査事項は出来る限り割愛して、必要な部分だけを調査することによって調査費用は随分変わって来ます。

     

     

    余談ですが、裁判所の認識では探偵の浮気調査や素行調査の費用は50〜100万円程度とのことです。50万円ならば安い。100万円なら相場。あくまでも裁判所独自の基準ですが一つの目安にはなると思います。

    しかし、言葉で100万円と云うのは簡単ですが、実際にはポンと出せる方は少ないのではないでしょうか。

     

     

    調査に際し、信頼に足る配偶者の予定や相手側の情報があれば、場合によっては20〜30万円程で裁判に勝てるだけの証拠が撮れる場合が有りますし1日の調査で全ての調査項目の判明も無理ではありません。

    是非、安価で効率的な調査が出来るような依頼をして下さい。

     

     

     

    執筆者:(株)東野調査事務所 東野 光臣

会員一覧と地域別のご紹介はコチラから

一般社団法人東京都調査業協会では、消費者の皆様から調査に関するご相談、ご依頼を承る
『消費者調査サポートセンター』を設置しております。この『消費者サポートセンター』では、
当協会において一定の基準を満たした優良な会員がご相談を担当させて頂いております。
フリーダイヤル及び無料相談コーナーの無料サポートをご利用下さい。

一般社団法人 東京都調査業協会では、当協会において一定の基準を満たした優良な会員が対応させて頂いております。消費者の皆様からの調査やご依頼に関するご相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

相談窓口の詳細やメールフォームはコチラから

一般社団法人日本調査業協会とは、主務官庁を警察庁とする社団法人です。東京都調査業協会をはじめ全国22ヶ所の単位協会が整備され、約300社余りの探偵・興信所の会員を擁する最大の業界団体であります。探偵業界のリーダーとして常に業界の健全化に努めてます。

協会のご案内
正しい探偵社の選び方
メールの無料相談はコチラ
Short Message