日々の生活の中でWeb管理者が思いつくままにツイートしております。

    2017-05-08

    精神疾患がある息子が去年の6月に共同住宅に入居、父親は賃貸契約の連帯保証人になっており、その後、息子は薬物により部屋の中で自殺しているのが見つかりました。住宅所有者から遺族に見積もりが届き、その内訳は評価額減損失、現状回復費、空室経済的損失、御祓い費用で724万円と記されていたそうです。不動産業者によると、自殺すると事故物件となり、借り手がつかず家賃を下げざるを得ないので、所有者にとっては大きな損失となると話しています。

会員一覧と地域別のご紹介はコチラから

一般社団法人東京都調査業協会では、消費者の皆様から調査に関するご相談、ご依頼を承る
『消費者調査サポートセンター』を設置しております。この『消費者サポートセンター』では、
当協会において一定の基準を満たした優良な会員がご相談を担当させて頂いております。
フリーダイヤル及び無料相談コーナーの無料サポートをご利用下さい。

一般社団法人 東京都調査業協会では、当協会において一定の基準を満たした優良な会員が対応させて頂いております。消費者の皆様からの調査やご依頼に関するご相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

相談窓口の詳細やメールフォームはコチラから

一般社団法人日本調査業協会とは、主務官庁を警察庁とする社団法人です。東京都調査業協会をはじめ全国22ヶ所の単位協会が整備され、約300社余りの探偵・興信所の会員を擁する最大の業界団体であります。探偵業界のリーダーとして常に業界の健全化に努めてます。

協会のご案内
正しい探偵社の選び方
メールの無料相談はコチラ
Short Message