日々の生活の中でWeb管理者が思いつくままにツイートしております。

    2016-05-11

    世界中のジャーナリスト約400人が国や報道機関の枠を超えて取り組んだ「パナマ文書」報道ですが、日本では国債調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)と提携する朝日新聞と共同通信の記者が参加した様です。21万余の法人の株主や役員のうち、日本国内では個人と企業で計400余で、朝日新聞記者らがこれらの住所地へ手紙を出しましたが、宛先不明で多くが戻ってきたそうです。こうしたなかで、記者達は各種のデータベースや住宅地図、登記簿を調べ関係者の証言を集め、実態の取材を進めました。その結果、資産や利益を租税回避地に移して納税額を減らそうとした人などがいたことを報じています。

会員一覧と地域別のご紹介はコチラから

一般社団法人東京都調査業協会では、消費者の皆様から調査に関するご相談、ご依頼を承る
『消費者調査サポートセンター』を設置しております。この『消費者サポートセンター』では、
当協会において一定の基準を満たした優良な会員がご相談を担当させて頂いております。
フリーダイヤル及び無料相談コーナーの無料サポートをご利用下さい。

一般社団法人 東京都調査業協会では、当協会において一定の基準を満たした優良な会員が対応させて頂いております。消費者の皆様からの調査やご依頼に関するご相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

相談窓口の詳細やメールフォームはコチラから

一般社団法人日本調査業協会とは、主務官庁を警察庁とする社団法人です。東京都調査業協会をはじめ全国22ヶ所の単位協会が整備され、約300社余りの探偵・興信所の会員を擁する最大の業界団体であります。探偵業界のリーダーとして常に業界の健全化に努めてます。

協会のご案内
正しい探偵社の選び方
メールの無料相談はコチラ
Short Message